AXIS Font   

さらなる進化を遂げるAXISフォントーーファミリー初の“角丸”「AXIS ラウンド 50」

17.02.10

2001年に登場したAXISフォントは、当初、デザイン誌「AXIS」の専用書体として開発されました。その後、一般販売を開始し、現在では、グラフィックやパッケージ、プロダクト、サインデザインに至るまで、多彩な場面で活用いただくようになりました。発表からおよそ15年目を迎えたAXISフォントは、今新たなステージを目指すべく、ファミリー初の“角丸”、「AXIS ラウンド 50」が発売となりました。

現在発売中のAXIS185号では開発者のタイププロジェクト 鈴木 功さんに開発経緯についてお話しをうかがっています。ここではその記事より一部を抜粋してお届けします。


AXIS ラウンド 50 B

「文字を使う局面は多種多様です。例えば、食品関連のパッケージでAXISフォントをそのまま使うと、シャープすぎてシズル感の妨げになるという判断も当然あるでしょう。それなら、AXISフォントファミリーの世界観を壊すことなく、印象を“和らげる”ことはできないだろうか……。AXISラウンド50の開発は、そのような発想からスタートしたのです」。


AXIS ラウンド 50 B

AXISフォントファミリーの世界観とは何か。それは「Simple but Human(シンプルだけれども、人間味がある)」である。AXISラウンド50は、ストロークの角を丸くすることで、AXISフォントの中に潜んでいた、別の人間味を引き出すことに成功した。丸みの部分は「ストロークの先端の幅を100とし、その半分である50を直径とする正円の円弧」に基づいている。ここには人間味や和らぎといった感覚的な属性を、幾何学的な操作によって整理する面白さがある。


記号類も1つ1つ丁寧に丸くデザインしました。

「とはいえ、これはあくまでも基本的な考え方。書体設計においては“実際に目視したときの印象”のほうが重要ですから、ウエイトによっては、55%や60%の値で処理したものもあります」。実際、ヘビー(H)とボールド(B)は50%だが、ミディアム(M)とレギュラー(R)は55%、ライト(L)、エクストラライト(EL)、ウルトラライト(UL)は60%の比率で調整されている。AXISラウンド50における「50」という数字は、書体のコンセプトをシンボリックに表現したものなのだ。(AXIS 185号より抜粋)

詳細およびご購入はこちらから。

MCX
epson
AXISMagazine
sony
denso
FUJIFILM
YAMAHA_MOTOR
YAMAHA_MUSIC
LCI
shape
CD
kc
zinio
Living Motif
Le Garage
Follow me jiku twitter
連載

vol.82 フォールディングチェアに見えないフォールディングチェア
17.03.08

第38回「東京2020オリンピック・パラリンピックへの提言」
16.12.16

Creative Deutschland

第30回「クンストシュテッテ・ボッサード」
12.12.31

第14回「IoTと共生デザインの役割」
16.03.14

第26回「ルーヴル美術館特別展 LOUVRE No.9 ~漫画、9番目の芸術~」
17.01.16

最新素材情報 vol.5
14.09.08

第16回「ル・ガラージュ クルマを楽しむためのカーライフメディアショップ」
15.06.04

AXIS magazine アーカイブ
tomosu

第30回「旅でみつけた“光”と“灯り”のヒント」
14.02.27

第4回「NFC対応シリコンキーボード TK-FNS040シリーズ」/AXIS159号より
13.05.15

vol. 5 坂井直樹 x 田中浩也 「[もの]をつくるということ」
13.11.21

最終回「森の中へ」
13.07.30

最終回「日本のファブラボ、世界のファブラボ」
13.08.01

「つくることが生きること 東日本大震災復興支援プロジェクト」展、レポート
12.03.16

12回目は「マルチリモコン」 いよいよ最終回です
11.10.04

series_shelf

第14回「TANA+」
12.02.17

本づくし

創造への繋がり 67 『亀倉雄策 』/深澤直人(デザイナー)
13.12.30

月別アーカイブ