AXISギャラリー・シンポジア 卒業制作展レポート   

昭和女子大学 生活科学部 環境デザイン学科 プロダクトデザインコース「身近な人を笑顔にするデザインを」

17.02.08

アクシスビル地下1階のシンポジアで、什器づくりから運営までを学生たちが担った展示だった(2月3日〜5日)。展示のテーマは「MUSUBI」。「これまで出会った人、これから出会う人との結び」や「過去と未来を結ぶ、時の結び」「4年間の集大成である結び」という3つの意味を含ませている。生活に寄り添うデザインが特徴的で、昭和女子大学 生活科学部 環境デザイン学科 桃園靖子教授は「誰かのためであったり、使う人を笑顔にしたりする作品たちが集まりました。展示自体も教授陣が関与しなくても、運営できる頼もしい学生たちです」と語る。


園田稚彩「人間ネット」

プロダクトデザインコース内の評価で最優秀賞を受賞した園田稚彩さんは、みかんなどを入れる棒ネットから着想を得て、パフとシュラフの機能を兼ねた、自由にかたちを変えられるプロダクトを制作した。ジャージに使われるニットカシドスというポリエステルを用い、手縫いで仕上げたという。


須田彩絹「ALMOST GONE」

ペーパークイリングの手法で絶滅危惧種の動物たちを表現したのは、須田彩絹さん。動物ごとに細かく毛並みをかたちづくり、動物の背が低くなるにつれて、現存数が少ないということを表すなど、工夫が見られた。紙を素材に選ぶことで、儚さや死を考えさせる一点ものの作品だ。


山木美香「OTOHACO」

山木美香さんは、音のデザインを通して、子供を対象にした18種類の玩具を提案。親しみやすく使ってもらうために、サイズも十分に検討したという。グラフィックからパッケージまでをデザインしており、子供が喜んで使う様子が想像できる作品だった。

奥田優子「oyufont」
何を表現するかではなく、どう表現するかをテーマに、造形やルールに視点を置き、いちから文字を起こした。

遠山夏海「amatsubu」
自ら吹きガラスの工房を訪ね、納得のいく雨粒の形まで粘り強く制作した。

会場では、白い什器に色鮮やかな作品たちが展示してあり、それを見る来場者にもしばしば笑顔が見られた。それは桃園教授が語るように、身の周りの人ために制作したからこそであろう。笑顔が絶えない展示は多くの人を幸せにすることができる、と実感した。(文・写真/今野敬介)

昭和女子大学 生活科学部 環境デザイン学科 プロダクトデザインコース
卒業制作展[MUSUBI}
2月3日(金)〜5日(日)
アクシスビル地下1階 シンポジアにて

MCX
epson
AXISMagazine
sony
denso
FUJIFILM
YAMAHA_MOTOR
YAMAHA_MUSIC
LCI
shape
CD
kc
zinio
Living Motif
Le Garage
Follow me jiku twitter
連載

vol.82 フォールディングチェアに見えないフォールディングチェア
17.03.08

第38回「東京2020オリンピック・パラリンピックへの提言」
16.12.16

Creative Deutschland

第30回「クンストシュテッテ・ボッサード」
12.12.31

第14回「IoTと共生デザインの役割」
16.03.14

第26回「ルーヴル美術館特別展 LOUVRE No.9 ~漫画、9番目の芸術~」
17.01.16

最新素材情報 vol.5
14.09.08

第16回「ル・ガラージュ クルマを楽しむためのカーライフメディアショップ」
15.06.04

AXIS magazine アーカイブ
tomosu

第30回「旅でみつけた“光”と“灯り”のヒント」
14.02.27

第4回「NFC対応シリコンキーボード TK-FNS040シリーズ」/AXIS159号より
13.05.15

vol. 5 坂井直樹 x 田中浩也 「[もの]をつくるということ」
13.11.21

最終回「森の中へ」
13.07.30

最終回「日本のファブラボ、世界のファブラボ」
13.08.01

「つくることが生きること 東日本大震災復興支援プロジェクト」展、レポート
12.03.16

12回目は「マルチリモコン」 いよいよ最終回です
11.10.04

series_shelf

第14回「TANA+」
12.02.17

本づくし

創造への繋がり 67 『亀倉雄策 』/深澤直人(デザイナー)
13.12.30

月別アーカイブ