ヤマハ&ヤマハ発動機 シリーズ広告コンセプト    

第11回「Resonated Power」

16.08.09

AXIS掲載の、ヤマハヤマハ発動機によるシリーズ広告。そのコンセプトを紹介するこの連載。第11回はAXIS180号より、コンセプトは「Resonated Power」です。

まずはこちらから大きな画像をご覧ください。

第11回のコンセプトは「Resonated Power」

そのマークは、時にはモータースポーツのコンセプトカーのボンネットの中心に、時にはゴルファーが信頼を寄せるゴルフクラブのソールの中心に、周辺に漂うパワーが集約する特別なピボットとしての位置が与えられ、プロダクトの顔となる。プロダクトそのものの機能や大きさは違えども、そこに込めたつくり手の想いは、ともに熱く、激しく呼応してスポーツマインドを盛り立てる。

ブランドのシンボルマークには、そのブランドの思想やモノづくりの姿勢、矜持、そのマークを冠するプロダクトの信頼性の保証まで、すべての想いが込められている。「YAMAHA」ブランドの円形のマークは3本の音叉の組み合わせからできており、ヤマハブランドが音・音楽の探求から始まり、今では多岐にわたる趣味性の高いプロダクトづくりに携わっているというユニークな出自を表現している。

四輪デザインコンセプトモデル「SPORTS RIDE CONCEPT」
もしヤマハが、スポーツカーをつくったら。それは多様なモビリティを通じて感動を創造してきたヤマハにとって、アイデンティティーの再確認ともいえる挑戦だった。デザインへのこだわりと自由な造形。ディテールの1つ1つに込められた「ヤマハらしさ」。それが伝統と革新という相反する要素を宿らせた1台のスポーツカーを生み出した。
http://global.yamaha-motor.com/jp/profile/design/features/concepts/sportsride/

ゴルフクラブ「RMX(リミックス)」
“たわみで飛ばす“ゴルフクラブ。ヘッドやカスタムシャフト、ウエイトなど、さまざまなバリエーションからそれぞれのプレイヤーに最適な組み合わせで提供できる。長年の楽器づくりから生まれた「モノが中心ではなく、使う人を軸としたモノづくり」というデザインポリシーを規範として、さり気ない美しさの中に先進の機能を秘め、ゴルファーの期待に応え、使い込むほどに愛着が生まれる楽器のようなゴルフクラブを目指した。
http://golf.yamaha.com/products/rmx_216.html

ヤマハデザインのホームページはこちら
ヤマハモーターデザインのホームページはこちら

前回までの記事はこちら

MCX
korg
M&O
AXISMagazine
sony
denso
FUJIFILM
YAMAHA_MOTOR
YAMAHA_MUSIC
LCI
shape
CD
kc
zinio
Living Motif
Le Garage
Follow me jiku twitter
連載

vol.81 ディスレクシア(失読症)の人のためのフォントデザイン
16.12.26

第38回「東京2020オリンピック・パラリンピックへの提言」
16.12.16

Creative Deutschland

第30回「クンストシュテッテ・ボッサード」
12.12.31

第14回「IoTと共生デザインの役割」
16.03.14

第26回「ルーヴル美術館特別展 LOUVRE No.9 ~漫画、9番目の芸術~」
17.01.16

最新素材情報 vol.5
14.09.08

第16回「ル・ガラージュ クルマを楽しむためのカーライフメディアショップ」
15.06.04

AXIS magazine アーカイブ
tomosu

第30回「旅でみつけた“光”と“灯り”のヒント」
14.02.27

第4回「NFC対応シリコンキーボード TK-FNS040シリーズ」/AXIS159号より
13.05.15

vol. 5 坂井直樹 x 田中浩也 「[もの]をつくるということ」
13.11.21

最終回「森の中へ」
13.07.30

最終回「日本のファブラボ、世界のファブラボ」
13.08.01

「つくることが生きること 東日本大震災復興支援プロジェクト」展、レポート
12.03.16

12回目は「マルチリモコン」 いよいよ最終回です
11.10.04

series_shelf

第14回「TANA+」
12.02.17

本づくし

創造への繋がり 67 『亀倉雄策 』/深澤直人(デザイナー)
13.12.30

月別アーカイブ