富山ガラス作家協会展2014「ガラスが繋ぐ、人、未来」より   

第1回「池田充章」

14.05.16

「レースグラス」(吹きガラス H150/ W85/ D85 mm)

去る3月に六本木のアクシスビル地下1階シンポジアで開催された富山ガラス作家協会展2014「ガラスが繋ぐ、人、未来」。ガラスの街・富山から9名の作家が参加し、今までにないガラスの表情と形を見せてくれました。この連載では、出展作家の皆さんの作品とコンセプトを紹介していきます。

第1回「池田充章」

年中炎を絶やさず、窯を守り続けて15年になります。1,400℃の炎と格闘しながらガラスを溶かし、繊細ながらも力強い作品が自身の釜から生まれると信じ、日々制作に没頭しています。本質的なものを忘れず、さらに製作に集中できる環境を整え、生涯一品(一作品)と出会えることを目標に、全国でも数少ない窯元として制作に励んでいます。

レースグラスはベネチアの吹きガラス技法で、まず白や青などの色ガラス棒に透明なガラスを巻き取り、アシスタントとふたりで水飴のように30m以上均一に引っ張り合います。その棒を約12cmごとに何本も切断し、約30本を透明なガラスに巻き取ります。次に、アシスタントと色棒をねじるように引っ張り合います。すると、糸を編んだようにねじれたガラス棒ができます。そのガラス棒をつくりたい物の大きさに切断し、約25本ぐらいを吹き竿に巻き取り、空気を吹き込むことにより、糸を編んだような、繊細で美しいレースグラスとなります。

池田充章/富山県富山市生まれ。富山ガラス造形研究所 造形科終了。1997年より富山ガラス工房所属。同年GLASS STUDIO C.R設立。
E-mail: g.coo.r.-1997@docomo.ne.jp

富山ガラス作家協会のホームページはこちら

MCX
dfaa
epson
AXISMagazine
sony
denso
FUJIFILM
YAMAHA_MOTOR
YAMAHA_MUSIC
LCI
shape
CD
kc
zinio
Living Motif
Le Garage
Follow me Webマガジン
 「AXIS」 twitter
連載

vol.83 日本発、世界初の、シャネルの自販機
17.04.21

第39回「自社の自慢をする社員」
17.03.31

Creative Deutschland

第30回「クンストシュテッテ・ボッサード」
12.12.31

第14回「IoTと共生デザインの役割」
16.03.14

第27回「Knowledge Capital Award City Weekend」
17.04.05

最新素材情報 vol.5
14.09.08

第16回「ル・ガラージュ クルマを楽しむためのカーライフメディアショップ」
15.06.04

AXIS magazine アーカイブ
tomosu

第30回「旅でみつけた“光”と“灯り”のヒント」
14.02.27

第4回「NFC対応シリコンキーボード TK-FNS040シリーズ」/AXIS159号より
13.05.15

vol. 5 坂井直樹 x 田中浩也 「[もの]をつくるということ」
13.11.21

最終回「森の中へ」
13.07.30

最終回「日本のファブラボ、世界のファブラボ」
13.08.01

「つくることが生きること 東日本大震災復興支援プロジェクト」展、レポート
12.03.16

12回目は「マルチリモコン」 いよいよ最終回です
11.10.04

series_shelf

第14回「TANA+」
12.02.17

本づくし

創造への繋がり 67 『亀倉雄策 』/深澤直人(デザイナー)
13.12.30

月別アーカイブ