連載コラム 「大谷和利の気ニナルデザイン」   

vol.15「mhd continue」

11.12.26

カタチはシンプルだが、同じモジュールを組み合わせることによって、さまざまな表情を見せる製品がある。mhd(MASAKAZU HORI DESIGN)の「continue」(5,000円)も、そうしたオブジェクトの1つだ。

正方形のフレームに対して斜めに貫入する凹みを持つこの製品は、実はブックエンドであり、単体でも利用可能だが、2個を組み合わせることで生まれるバランスや、新たな機能性に面白さが感じられる。

例えば、ユニット1つだけで本を支えると、見た目にも下から重量を受け止めている印象があるが、縦に2個を積み上げて本をセットすると、宙に浮かんでいるかのように思えてくる。

また、外側に向かって跳ね上がるように凹みの傾きを揃えて2個を横並びに置くと、読みさしの本を開いて入れることでしおり代わりにもなる。

もちろん、それ以外の空間にも小振りの本を配置したり、ユニットとユニットの間に本を挟んで使うこともできる。

「continue」という名前は、しおりとして利用したときの本の続きをイメージさせるが、モジュールの連なりによって機能が拡張する様子も示していると感じられる製品だ。




大谷和利/テクノロジーライター、東京・原宿にあるセレクトショップ「AssistOn」のアドバイザーであり、自称路上写真家。デザイン、電子機器、自転車、写真に関する執筆のほか、商品企画のコンサルティングも行う。近著は『iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス』『iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化』『43のキーワードで読み解く ジョブズ流仕事術:意外とマネできる!ビジネス極意』(以上、アスキー新書)、『Macintosh名機図鑑』『iPhoneカメラ200%活用術』(以上、エイ出版社)、『iPhoneカメラライフ』(BNN新社)など。

MCX
dfaa
epson
AXISMagazine
sony
denso
FUJIFILM
YAMAHA_MOTOR
YAMAHA_MUSIC
LCI
shape
CD
kc
zinio
Living Motif
Le Garage
Follow me Webマガジン
 「AXIS」 twitter
連載

vol.83 日本発、世界初の、シャネルの自販機
17.04.21

第39回「自社の自慢をする社員」
17.03.31

Creative Deutschland

第30回「クンストシュテッテ・ボッサード」
12.12.31

第14回「IoTと共生デザインの役割」
16.03.14

第27回「Knowledge Capital Award City Weekend」
17.04.05

最新素材情報 vol.5
14.09.08

第16回「ル・ガラージュ クルマを楽しむためのカーライフメディアショップ」
15.06.04

AXIS magazine アーカイブ
tomosu

第30回「旅でみつけた“光”と“灯り”のヒント」
14.02.27

第4回「NFC対応シリコンキーボード TK-FNS040シリーズ」/AXIS159号より
13.05.15

vol. 5 坂井直樹 x 田中浩也 「[もの]をつくるということ」
13.11.21

最終回「森の中へ」
13.07.30

最終回「日本のファブラボ、世界のファブラボ」
13.08.01

「つくることが生きること 東日本大震災復興支援プロジェクト」展、レポート
12.03.16

12回目は「マルチリモコン」 いよいよ最終回です
11.10.04

series_shelf

第14回「TANA+」
12.02.17

本づくし

創造への繋がり 67 『亀倉雄策 』/深澤直人(デザイナー)
13.12.30

月別アーカイブ